読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1番

日曜日。家に帰るためには小川町から東武東上線に乗り、和光市から副都心線東急東横線多摩川まで行き、そこから1駅ローカル線の多摩川線に乗る。ただし、距離が長いので優等列車をうまく乗り継ぐのが早く移動するコツとなる。

昨日は小川町から森林公園まで快速、森林公園から自由が丘までが直通のFライナー、自由が丘から多摩川まで各駅停車、多摩川から沼部までも各駅停車で移動した。約2時間の小旅行である。

そしたら小川町から森林公園と森林公園から自由が丘の2区間でともに電車が「1番」という偶然に出くわした。最初が東武50000系の第一編成、次が東急5000系4000番台の第一編成であったのだ。そのまま次の各停も1番だったら迷わず宝くじを買いに行ったのだが、そちらは外れ。散財をしなくて済んだ。

まあ、ただそれだけの出来事だったのだが、そんなことも書き残しておけば小さなエピソードとしてあとで笑える。「書いて残す」ことの価値はそこにあるのだ。本を作る人がもっと増えるといいな。