読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6年

この数字を「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるかは人それぞれ。

被災者にとってはもっと複雑な捉え方になる。

「まだ」の人も「もう」の人も「あの時から時間は止まっている」人も

「ゆがんだまま進む時間の中」の人も様々に。

6年前。

2011年3月11日。

あの日、大きな揺れに東北を中心とした太平洋沿岸は翻弄され、

海は牙をむき、とてつもない高さの津波が襲った。

たくさんの人たちが命を落とした。

さらに福島は原発事故という人災が追い打ちをかけ、今も

たくさんの人たちが苦しんでいる。

心情を一概に語ることはとても難しい。

人それぞれに違うからだ。

大切な人を亡くした。大切なものを失った。故郷を失った。

数えきれないほど喪失の痛みと悲しみが心にある。

傷ついた心はそう簡単には癒されない。

「復興」とはなんだろう。

わたしが震災一年目に感じた疑問をようやく思ってくれる人が

出てきたように思う。

この答えも人それぞれ。

けれど確かに言えるのは「まだ復興などしていない」

被災者と被災したことのない者。

両者の溝はなかなかに深い。

それでも両者ともにできることがある。

たった数秒でもいい。

忘れないでいること。

被災経験のない人は、いつか来るかもしれない未来の姿かもしれないこと。

だからそれに備えておくこと。決して他人ごとではないこと。

そして被災地について正しい情報を知っていくこと。

経験者は再びの災禍に備えて後の世代へ記憶を伝えていくこと。

もうひとつ、できることがある。

「自分だけは大丈夫」という慢心はしないこと。

それだけで守れる命が格段に増える。

忘れないでいてほしい。

この鎮魂の日に。

6年目の祈りを込めて。