読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐かしのゲームボーイのパフェクトガイド本が届く・・・・・

 久しぶりに”そばよし”のカチンそばを食ってきた。お餅を焼いているのではなく、揚げている。相変わらず美味い。そばを手早くすすり、箸で切れるくらいの餅を飲み込むように食べる。5分で食べ終わり、汁は残して、感情を済ませ店を出る。浪速っ子だが、なぜか蕎麦を食うときは早く食べる。習性だ。

   店を出るとき950円を支払う。しかし本日のランチはせいろ飯にカチンそばのセットで820円だった。僕はカチンそばを食べたくて、わき目もふらずに注文した。いつもなら情報を集めて損のないように注文をするのだが、今回はミスった。

   少し悔いを残しながらコンビニで買い物をする。〆て780円。カードが360円不足しています、と言われたので1000円チャージをする。で、思い返してポイントはどのくらい貯まっていますか、と訊くと、820円分ありますとのこと。ポイントで買うことができた。早く云ってほしい。仕方がない。次回は必ずポイントで買うぞと、捲土重来を誓う。

   測量が入るというので行ってきた。6,7人くらいでワイワイとしている景色を想像したが、現場には2人だけだった。窓口の担当者もすぐに帰ったようだ。僕も写真を撮って現場を確認する。2人にお茶を渡して激励して帰る。何事も一所懸命がありがたい。

  メインからことわりの電話がきたが、サブに電話をする。週明けにやって来る。これは傍目で見ても相当ないい話だ。何故そう言えるのか。僕がそう思うからだ。銀行員なら断る話でも銀行家ならこれほどおいしい話はない。大そうな言いぶりだが、日本の国が正常に機能しているなら即断即決するはずだ。メインは当て馬に過ぎない。僕は強気だ、稀勢の里 と呼んでくれ!喰いは残さないぞ!