読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お務め

わかったのは、作業が必要な時はサ行が言えなくなり、間違った時は五行が必要、だから誤(あやま)るのか、と。

知識は追及し過ぎれば、大切なものを忘れ、幻の世界に魂は行ってしまいます。

俺は全部大切な人だからそれも忘れません。

反対側の人間がいなかったらそれにも気付けませんでした。

SNSには西側の橋の方がいらっしゃるので、私はとりあえず自分のポジションのお務めをきっちりこなせるようにします!

そしてこれから階段を1段ずつ上り、後ろの人たちも導けるよう坂にする作業を続けていきます。