読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古戦場めぐり「沼田城の戦い (群馬県沼田市)」

古戦場めぐり「沼田城の戦い (群馬県沼田市)」

◎『沼田城の戦い』

天正10年(1582)6月2日、信長が本能寺に斃れると事態は混沌にかえります。北条氏直・氏邦は、5万6000もの大軍を率いて上野に侵攻してきました。滝川一益は、神流川の戦い北条氏邦に破れて厩橋城に退き、領国に帰国することにしました。こうして甲信上州は、北条・徳川・上杉の三つ巴の争いの場となります。このどさくさに紛れて、真田昌幸は空き家となった沼田城を、北条家よりも先に取り戻すことに成功します。6月末、北条氏政は織田の武田征伐に遅れを取ったがゆえに、温存していた軍勢を一気に上甲信州攻略に繰り込みます。その数5万6000もの大軍です。沼田城無血開城した昌幸は、矢沢薩摩守頼綱を城代に置き、自らは岩櫃に入って戸石などの支城を固め、上杉景勝の動向をうかがいます。しかし間髪いれずに、北条の軍勢は沼田攻略の準備を行います。このとき、北条軍の一手を迎え撃った沼田城代・矢沢頼綱は、城に入ってまだ3ヶ月でした。既に、沼田の南に位置する猫山城、津久田城、長井坂城はことごとく北条の手に有り、沼田城を守る真田の支城・砦に迫っていました。頼綱は城を固める時間がなく\xA1

⊅羯咳Ρ厂膂咾鮴菲唎箸靴鴇訃Ⅱ盪卮鮏纂蕁~古脹杼絢蕁⌅圡虜険厂膰渭此⊊曜榿鄙絢蕕鮟仗悗気察∨名鮴Ľ寮莠蠅留塰唎鮑辰海Δ箸靴泙后◀靴ǂ掘∨名鬚良胊次Χ慣發鮗擷韻襪函△泙辰気④剖盪卮鮏纂蕕論鐓譴鯲ッΑ∉予个靴臣羯咳Ρ厂膂咾禄彧④妨ɥ里討蕕譴篤せ爐靴泙后◦薪沈Ľ惑堊槪靴泙后M蟾砲蓮△△泙蠅砲困気鵑塀彧④力〼箸魎轅詎靴董⊂妥直襪了拆襦"ち宗♣酖帖δ弘羣笋鬚修譴召戝影箸濃犲蕕垢襪茲Ω渓燭靴泙后◀気蕕紡燃ɒ槪箸靴董⊇彧④ⅷǂ蕕領呂任靴\xAB防戦できないように仕向け、かえって奮戦を促したわけですが、沼田城の危機的状況は加速します。

真田昌幸は、上杉・北条・徳川の3方の侵攻を受けることを恐れ、7月12日に小県郡海野へ着陣した北条氏直に出仕・臣従します。真田家は、北条軍の信濃侵攻の先手を務めることになりました。北条家は上野国の完全支配を目論む一方で、小県・佐久地方の国人衆の懐柔を図り、万全を期していよいよ甲斐に進軍します。しかし9月26日に、昌幸は一転して北条家から離反、大久保忠世と旧交のある依田信蕃を仲介に、徳川家に臣従します。上野国厩橋城では北条氏が依然、国人衆の抱き込みを続け、上州沼田衆・吾妻衆も徐々に、北条氏に帰属しはじめました。しかし、昌幸は徳川家康を頼りに、沼田を堅守する構えを崩しませんでした。昌幸にとって沼田は、真田家が生き残るための外交の切り札と考えていました。上田〜岩櫃〜沼田の自領の連携だけは崩したくない思いが、沼田を目指す北条より、甲信経略を目指す徳川を選びました。徳川家にとっても、信濃の実力者である真田家が持つ、沼田・小県の領国は甲信防衛の構想のためにも味方に引き入れるのは極めて有益でした。

昌幸の離反によって、沼田〜北条間で再び軍事的緊張が走ります。北条氏邦は徳川勢と甲斐の新府〜若神子間で睨み合う中、主力より5000の兵を割き、10月初旬に沼田城攻略を開始します。沼田城最南端にある支城の長井坂城、森下城(群馬県昭和村)は陥落し、北条氏邦は川額に陣を布きました。氏邦は猛将猪俣能登守に川田を、上泉主計、難波主税之介に阿曾を、それぞれ兵2000にて攻略に向かわせました。 矢沢頼綱は、このまま北条軍が勢いに乗って支城を攻略すれば、沼田城の将兵の士気の低下と内応者がでる危惧を考慮し、10月19日、自らが最前線で一戦して、籠城の士気を高めようと500の兵を率い再び出陣します。この時、頼綱64歳。老齢ではありながら積極果敢な勇将です。川田を攻略中だった猪俣能登守は、頼綱出陣の報を受けて城の包囲に500の兵を残し、頼綱の布陣する阿曾の北西の沼須ヶ原に向かいました。猪俣能登守1500、対する頼綱500は、激しい野戦を繰り広げます。猪俣能登守は優越した兵力で押しまくりますが、頼綱は少数の味方を督戦して、陣を崩すことなく押し返します。\xC5

欞蕕領徉Ľǂ蕁⊅毖麈重仄蕕凌悗鯑佑㌍琛靴人蟾砲蓮⊆\xF3300を討ち取るまで盛り返し、ついに猪俣能登守を砥石明神の境内へ敗走させ、大勝果をあげました。しかし、猪俣能登守の置いた川田包囲軍は、川田を陥落させて城将加藤丹波守は討死しました。いったんは壊走した猪俣能登守でしたが、この支城を奪ったことで勢いを盛り返し、そのまま阿曾の支城へ急行し夜襲を行います。守将金子美濃守は、合戦が川田で行われていると思い込んで、宴を催し、500の兵は夜襲の餌食となりました。金子美濃守は、片品川を渡って逃亡しました。21日には長井坂の要害をも失い、28日より裸となった沼田城に、北条軍5000の総攻撃が開始されます。矢沢頼綱は寡兵で籠城し、3日間城を守り抜き、北条勢は沼田の険は強襲では落ちぬと判断し、阿曾に兵を引きました。頼綱はこれを逃さず、かえって阿曾に夜討ちを掛け、優勢に気を抜いていた北条軍に打撃を与え、沼田城の守りを固めました。一方の昌幸は、依田信蕃と共に徳川勢として碓氷峠・松井田城などを攻めて、信濃の北条軍と上野との兵站線を破壊します。さらに前日、北条軍の退路を断つため、密か\xA4

望妥帖善攻兇魴劼按典彭直襪鮃粁❹垢襦△箸いΕ殴螢蘋錣ⅴ圓錣譴泙靴拭K名魴海魯殴螢蘋錣剖譴靴漾⊂妥弔任涼惨豨萓錣鬚△④蕕瓠∧爾鬚泙箸瓩同攻蕎\xEB(前橋城)に退却しました。8月22日には、南信濃木曽義昌が徳川方に付きます。さらに、長期対陣する北条軍不在の間に佐竹義重が関東を扼し始めます。

天正10年(1582)10月29日、北条家はこの膠着に利なしと判断し、徳川家との和議を成立させます。和議の内容は、?北条氏は、占領していた甲斐国都留郡(郡内)と信濃佐久郡を徳川氏に渡す、?徳川氏は、北条氏の上野国領有を認め、真田昌幸が保持する沼田領を引き渡す、?北条氏直の正室に、家康の息女督姫を輿入れさせ、両氏は同盟を結ぶ、などでした。

天正11年(1583)8月、北条氏照は上杉家の手に渡っていた厩橋城を攻め、城主北条高広をおって、沼田攻略の機会を狙っていました。翌天正12年(1584)、家康は秀吉との小牧長久手合戦が膠着すると、北条との盟約を強固にして後顧の憂いをなくそうと考えます。4月、家康は昌幸にこの和睦の条件を実行するよう通告します。しかし、沼田を「上田と双璧をなす最重要拠点」と考える昌幸は、これを拒絶し、徳川家との神川合戦へと突入します。

天正13年(1585)8月、徳川勢は北上して昌幸と神川で合戦しますが、敗れて大きな被害を出します。その後、真田〜徳川は膠着状態〜真田のゲリラ戦へと移り長期戦に入ります。この動きに呼応して9月、北条氏直が小田原から氏照、氏邦と共に3万の軍勢を動員し、昌幸から後詰を期待できない沼田攻略を開始します。氏直は軍を二手に分け、氏照は吾妻今井峠から、自らは勢多郡から沼田領に侵入しました。沼田城の頼綱は上杉景勝の後詰を得て、ここでも積極的に城外での奇襲〜取って返して城に籠る、という真田家のお家芸のゲリラ戦法をとり、北条軍に効果的な攻撃を行います。頼綱が再び1000の兵を率いて城を出たという報を聞いた氏直は、猪俣能登守に3000の兵を与え迎撃させます。頼綱は、猪俣能登守に攻められて多勢に無勢、名胡桃に逃走しました。猪俣勢は仇敵頼綱を追いつめようと、薄根ヶ原まで追い立てますが、榛名の森にいた伏兵と、頼綱の反転、挟撃を受け、さらに名胡桃城より鈴木主水正も門を開けて討って出ます。猪俣勢はまたしても壊走し、頼綱は首200を挙げる快勝を収めます。猪俣能登守の敗退を知った氏直は怒\xA4

蝓⊂妥直襪冒躪況發鬚ǂ韻泙后◀靴ǂ畦蟾砲蓮⊂覯爾僚估類蠍\xFD7箇所に木戸を設けて、北条軍を誘い込み木戸を落として火を掛け、孤立した先手を包囲殲滅します。農民までも動員して、徹底されたこのゲリラ戦は、またも北条軍に打撃を与えました。吾妻今井峠から沼田に向った氏照の軍勢は、沼田の支城の川田城に攻め寄せます。ですが、城壁まで近付くと川田城はもぬけの殻で、寄せ手は北条の大軍を前に、城を放棄したと考え入城しました。ところが、川田城の要害大竹に突如沼田勢が出現し、北条軍は不意を突かれて、ここでも損害を出してしまいます。北条氏直に続き、氏照までも戦果無く、大きな損害を出してしまい、士気の低下と共に小田原に退却しました。天正14年(1586) 4月、沼田城奪還に燃える北条氏直は、攻略に本腰を入れるため、上野、武蔵、下野、常陸安房、上総、下総の各支配下から、約7万の兵力を興し出陣します。対する沼田城の頼綱は、率いる兵は2000のみしかいませんでした。厩橋を経由し北条氏直は、まず氏照、氏邦、氏規を先手として、沼田を攻撃させます。その頃、長雨が続き利根川・片品川の水量は増し、片品川の

橋は全て流されていました。北条の先手隊は橋架・渡河しますが、大雨・洪水の中での行軍は難行し、北条軍は段丘上から沼田城を威嚇する構えを取ります。すると北条の陣所に、頼綱の矢文が射掛けられました。内容は、「北条はこの小勢の沼田に大軍で攻めてくるというが、未だに攻撃の気配はない。早々に合戦なくば、兵が退屈して困る」という、大胆で挑発的な内容でした。5月11日氏邦は怒りを押さえて、頼綱の投降を促す返書を送ります。もちろん、頼綱が投降する気配はなく5月25日、北条先発隊は劣悪な戦場を尻目に、一斉に滝棚の原から沼田城に突撃しました。この際も天正13年(1585)と同じく、深入りした北条軍は橋を落とされ、木戸によって退路を失います。頼綱は鉄砲を一斉に撃ちかけて北条勢を殲滅します。北条勢は混乱して同士討ちを起こし、また増水した片品川に落ちて溺死者が続出しました。またしても、大きな痛手を被った北条軍は、退却の途をとらざるをえませんでした。この頼綱の3度に渡る戦いぶりは、神川合戦での昌幸に酷似しており、頼綱の兄・一徳斎幸隆譲りなのか、甥の昌幸と示し合わせたものなのか。

ともかく、真田一族のゲリラ戦術の実戦指揮能力は、おそらく武田・上杉と並んで、戦国最強と謳われる島津氏のそれに匹敵すると思われます。

天正15年(1587) 2月、北条は4度目の正直で、猪俣能登守と太田金山城の由良国繁に沼田攻略を命じますが、沼田城の頼綱は、片品川にて由良の軍勢を撃破し、猪俣勢を手玉にとって孤立させています。頼綱、この年69歳。上州には信玄を二度撃破した村上義清と長野業正といい、真田幸隆・昌幸・幸村・矢沢頼綱の真田一族といい、かくも城塞戦・ゲリラ戦の有能な将が多く輩出しています。おそらく険しい山野を知り抜いているからこそ、ある土地勘が戦術に第六感を共鳴させ、そして一族、国人衆の結束が、困難な作戦を可能にすることができるのでしょう。昌幸は、頼綱に勝利のたび恩賞を贈り、天正13年の合戦では、上杉景勝も頼綱に感状を送っています。天正17年(1589)豊臣秀吉の命により、沼田城は真田の手から北条へと明け渡すこととなります。頼綱は、昌幸より所領換えの通告を受け、沼田を去り信州吾妻郡岩櫃城へ入ります。

○「沼田城」(沼田市西倉内町594)

沼田城」は、はじめは倉(蔵)内城と称し、幾つかの守護城に囲まれた堅城です。天文元年(1532)、三浦系沼田氏の居城として12代万鬼斎顕泰(まんきさい・あきやす)により約3年の歳月を費やして建築され、戦国時代後期から江戸時代初期にかけて真田氏の沼田領支配の拠点として機能しました。群馬県の北部に位置し、皇海山赤城山武尊山などの山々に四方を囲まれ、利根川とその支流の片品川、蓮根川により形成された河岸段丘の上に広がる急崖の台地上に築かれています。