読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カトラリー

カトラリーとは、食卓で使うナイフ、フォーク、スプーンなど、

食事で使う道具の総称です。

私がこの言葉を覚えたのは、

娘が幼稚園に入る年。

幼稚園にお弁当を持っていく日がありますから、

箸箱、フォーク・スプーンのケースが必要でした。

でもこのプラスチック製のものは、

容易に壊れると思われました。

娘は何か壊れるとものすごく泣く子でした。

「このお箸箱と私にはおもいでがあるの!うわ〜ん」

新しいものを与えたら泣き止む訳ではないのがまたクセモノで

箸箱のお墓を作りかねない勢いです。

泣かせておけばいいのですが

どうにも子どもが泣いているのに耐えられないヘタレな母親で

絶対に壊れないものをと思って

考えたのが、

布製カトラリーケースです。

三つ折を開くと、工具入れやメイク道具入れみたいに、

お箸とスプーンとフォークが入るポケットがあり、

そこに入れるんです。

何枚かあれば、洗濯していつも清潔な物が使えます。

お友達にも2枚ずつ作ってプレゼントしましたら、

喜んでもらえました。

幼稚園のバザーでたくさん作りましたら

よく売れました。

さてカトラリー。

みなさんどんなものをお使いですか。

私は100円shopでシンプルなのを買いましたが

あまり氣にいってません。

軽すぎるからです。

キャンプなどで活躍する、

或いはお弁当屋さんでカレーを買うと付いてくる

プラスチック製のなんて悲しくなります。

黙って使いますけども。

私はペンも軽すぎるのが嫌い。

キャップが付いていたら、

ペンのお尻に付けて重くします。

重たいものは持てないんですが

カトラリーとペンは

少しだけ重たいものがいいです。

昨今割り箸にもいろいろ話がありますから、

my箸を持ち歩いてました。

ところがプラスチックケースが壊れたので

思い出があるのに、うわ〜ん

…じゃありませんけど

ああ、やっぱり壊れるんだな。

どうして自分の箸の入れ物を布で作ろうとしないのかしらと

今、思ったところです。

今。

やあ。作らないかもしれないけれども♪

※画像は近所の椿。

1本の樹に、花が、赤、ピンク、ふいり、白と、いろんなのが咲くんです!

接ぎ木かしら?