読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かに道楽

今日は仕事の関係で「かに道楽」での食事会があった。しかしながら私はそこまでかにに執着がないのでそれほどテンションが上がるわけでもない。そもそもかには無口になってしまう食べ物だし、なぜか「酢」と絡む料理が多いのが好きになれない。酢というのは大半の味を酸味に変えるだけでさっぱりしていいのかもしれないけれども、私はそれが嫌いだ。

今日もそういう料理が多いのかと思いきや、思ったよりも酢を使ったものが少ない。まずは茹でかに3種類が出てきたが、味はそこそこ付いているので、酢や醤油をつけないまま食べられたので、それはそれでおいしかった。続いてサラダが出てきたが、これはやはり酸味があったが、何とかクリア。次に焼きがにが出て期待をしたのだけれども、まったく熱くない。もちろんこれはダウンイメージなるので、ちょっとがっかり。

最後は釜飯で締めるのだけれども、今までの中では比較的いい献立だったのではないかと思う。しかしながら給仕をする仲居さんの中にまだ初心者なのかわからないが、人が飲んでいるコップにうっかり栓抜きを落としても「すみません」だけで交換しようとしなかったり飲み物を頼んでも出てくるのが遅かったりと今ひとつ残念な感じだった。もうちょっとレベルアップしないと単価の高いお店としてのステータスがなくなってしまう。

このお店だけなのだろうけれども、なんと食事の途中で尺八を吹く人が現れるのだ。それでは締めは適当に吹いているだけなのだけれども、一通り吹き終わると今度は部屋に来て好きなものを吹きますと言うのだけれども、そんな突然言われても誰もリクエストすることができないため、結局勝手に選曲して吹いていってしまうのだけれども果たしてこの人は流しの人なのか、雇われているのかわからないけれども、もしかしておひねりの1つも渡したほうがよかったのだろうか?幹事はそういうことを知らない人だったので、何もしなかったようだけれども、こういうのってある意味迷惑でもあるんだけどね。

このところ会食が毎日様に続き、家でご飯を作ることがなくなってきているので、今週末は久しぶりにカレーでも作ろうかな。じっくり煮込んでこってり感のあるカレーをいっぱい食べようかな。