読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボチボチてんとう虫います。

我が家の裏庭は、前に住んでた誰かがとにかく大量の木、椿や、紅葉、南天と日当たりも悪くなるぐらいに引っ越してきた時は、ちょっと見、森の状態でした。

大家さんは、木は全部伐ってもいいし、好きにしてもらっていい、と、云う事でしたが、当時の私は仕事も忙しく、また、祖母の介護もあったし、到底、裏庭の手入れなんて無理でした。

しかし、祖母が亡くなって、今度は母の介護が始まって、そうしてるうちに自分が病気で倒れて、勤務を辞め自宅療養しながら母の介護をしてるとき、裏庭がうっとうしくなって、裏庭の木の伐採を始めました。

木を伐採してしまうと、すっきりとなって日当たりは良くなったけど、土の水はけは悪いし、雑草もドクダミしか生えない。

試しに花の苗を植えてみたが、ろくに育たたない。

そこで、土壌改善開始、ネットで調べて、造園業者に行って、事情を話して、土壌改善に必要な堆肥などを購入して、2年ぐらいは土づくりに専念しました。緑肥になるクローバーを植えたりしてですね。

その結果、四季を通じて花を咲かせて、愛犬も日中は遊べる裏庭になって気づいた事。

犬が面白がって自分のテリトリーで穴掘って遊んでる、

薔薇についてたアブラムシをてんとう虫が来て食べてくれてる。

だから、バラに殺虫剤をまく必要が無くなりました。

妙な話ですが、自分の家で、ななほしてんとう虫を十数年ぶりに見ることになったのです。

■赤いてんとう虫が日本各地で減っている! 二紋型が増える理由とは

(dot. - 05月07日 16:03)