読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diamond Princess 4−5 平和公園

 

元安川側とは反対の側から原爆ドームの周囲を歩く。

外国人の姿が多い。

 

T形の相生橋は、空から見てかっこうの目標点となったそうだ。

 

相生橋を渡る。

700型712号が走っているが、ばけもんの姿はなかった。

 

身元不明の遺骨が供養されている原爆供養塔で頭を下げ、平和公園を歩く。

それにしても、供養塔の前にある石灯籠の段々を、休憩用のベンチと思っている女子(使用言語は日本語)グループは、何者?

 

原爆死没者慰霊碑で、しばし黙祷。

自分も黙祷が終わったら写真を撮りまくりなので、観光モードのひとさまのことは、言えないかもしれない。

 

この火を消す日が、少しでも早く来ることを願う。

 

「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110438305305/index.html

 

レストハウスに向かう。

レストハウス中島町にあった元「大正屋呉服店」で、江波から海苔を届けに来たすずさんが休んでいたところだ。

 

被爆の折に建物は火災にあったが、倒壊することはなかった。

https://www.hiroshima-navi.or.jp/post/005741.html

 

レストハウスで、2017年3月11日付の朝日新聞の「この世界の片隅に」全面広告が入手できた。

 

映画の公開前につくられた「この世界の片隅に」のロケーションマップもいただいた。

 

レストハウスの方とお話しながら、宮島に行く船のことも教えてもらった。

 

元安川沿いに歩いて、イサム・ノグチ氏がデザインした欄干(モチーフは昇る太陽)の平和大橋に行ってみる。

なにやら工事中ではあった。

新たに歩道橋を架けるらしい。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=68561

 

平和大橋から「灯和の径」(「8月6日通り」とも言う?)を歩き、元安橋のカフェでひとやすみ。