読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ん中

カラオケでよく歌っていたシリーズ♪

旭せんせいの楽曲数々有れど、僕が好んで歌っていたのがタイトル楽曲です。坂本冬美さんとかも歌っていますが、僕は旭せんせいバージョンが好きですね。

以前取り上げさせていただいた時にも書きましたが、《必殺シリーズ》の中期の主題歌でした。まだまだ“仕事人”では無かった時代でした。そのエンディングで流れた楽曲で気に入って歌っていました。

やや真似しながら…

(@゜▽゜@)

夢ん中

歌:小林旭

作詞:阿久 悠

作曲:森田 公一

指のつめたさ うなじの細さ

肩のはかなさ まつ毛の長さ

すべて重たい 悲しみつれて

ひとりお前は生きている

男もつらいし 女もつらい

男と女は なおつらい

だけど泣くなよ 泣くじゃない

酸いも甘いも 夢ん中

酒はにがいし 煙草はからい

紅はとけるし 寝床は寒い

そんなお前の 肩抱き寄せて

惚れたようだと俺はいう

男もつらいし 女もつらい

男と女は なおつらい

それでいいのさ いいんだよ

逢うも別れも 夢ん中

男もつらいし 女もつらい

男と女は なおつらい

それでいいのさ いいんだよ

逢うも別れも 夢ん中

今日のお薦め曲は

『浪花恋しぐれ』

都はるみ岡千秋

添乗員始めた頃に宴会場でよく歌わされた(デュエットさせられた)楽曲です。